◆◇◆わたしの宝物◆◇◆


愛犬はな&ARCh応援日記
by hana-wan-wan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
わたしの宝物
【このブログの主な登場人物】
 ・えむこ
  犬好き暇主婦
 ・主人(=おじさん)
  激務を犬で癒す男
 ・はな
  デカプードル♀
  2002.7.16生まれ

CATNAP(現ALMA)にて家族を探すワンコの預かりスタッフをしていました。2009年4月よりアメリカ、シカゴ近郊滞在中。2013年2月1日にCATNAP千葉支部を基に
発足した動物愛護団体ARCh(アーチ) ‐アニマルレスキュー千葉‐を応援しています。

【幸せになった預かりっ子達】
06年8月~09年2月

★ももちゃん(MD♀)★
2006年8月からお預かりしたMDの女の子”ももちゃん”は10月1日に素敵な里親様の元へお嫁に行き幸せに暮らしています。

★かん太君(MD♂)★
10月に短期預かりしたMDの男の子”かん太君”も里親kiccoさんの愛息子となりました。

★コロンちゃん(柴犬♀)★
11月からお預かりした柴犬のコロンちゃんは「めろんちゃん」となり、先住柴犬のあやめちゃんと仲良く暮らしています。里親はえふさんです。

★ビリー君(パピヨン♂)★
2007年3月にお預かりしたパピヨン・ビリー君は6月24日にお婿入り、素敵なパパママ(お散歩隊・M隊員)と暮らしています。

★ミリアム(シーズーmix♀)★
8月よりお預かりしたシーズーmix・ミリアムは11月11日にお嫁入り、「みぃちゃん」となり、里親・ふりすかさんご夫妻に溺愛されています。

★ニコラ(マルチ♂)★
12月よりマルチーズのニコラ(推定3~4歳)♂をお預かり、2月17日に婿入りし、里親・さえこさんご夫妻の「一人息子」として幸せに暮らしています。

★アリシア(MD♀)★
大晦日よりお預かりしたMDのアリシア(♀、1歳)は、里親・あどぅるさんご夫妻&リタお姉ちゃんと仲良く賑やかに暮らしています。

★水香(シーズー♀)★
2008年5月よりお預かりしたシーズー・水香(♀、2~3歳)は10月17日お嫁入り、「みかちゃん」となり、パパママ、おばあちゃまに可愛がられ暮らしています。※2013年5月7日、永眠。

★周(しゅぅ、マルチmix♂)★
2008年12月よりお預かりしたしゅぅ君(♂、3~4歳)は2月16日にお婿入り、里親K子ママの「シュシュ」君となり、ご両親様にも可愛がられ幸せに暮らしています。



カテゴリ
最新のコメント
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 09:46
はなちゃんボーダーがとっ..
by ネロレオママ at 12:12
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 22:46
はなちゃん、のび太さん役..
by ネロレオママ at 00:29
ネロレオママさん 本当..
by hana-wan-wan at 14:57
はなちゃんのお写真がたく..
by ネロレオママ at 01:01
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 17:09
北海道より初コメさせて頂..
by ネロレオママ at 01:41
ゆみんさん お返事..
by hana-wan-wan at 18:55
航空祭、懐かしい〜。某ど..
by ゆみん at 17:39
以前の記事
2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

読んでもらいたい記事

現在発売中の週刊誌「週間朝日」3月30日号に
セブンデイズ 殺処分された犬たち」 という特集記事が写真とともに載っています。
巻末のカラーページで6Pの特集です。

殺処分直後、犬たちが折り重なって死んでいる光景の写真もあり、
正直ショッキングな映像ですが、お時間のある方は是非ご覧下さい。

ネット上や犬雑誌では、こういう特集を見かけますが、
一般週刊誌でここまで特集したものは初めて見ました。
いわゆる犬好きではない一般の方の目にも殺処分の現場が触れ、事実を知ってもらえ、
この記事は画期的な特集だと思います。

私は記事を読みながら思わずビリー君を抱きしめてしまい、涙が零れました。
ビリー君は城南島のセンター(都内で唯一殺処分施設がある)出身なので、
殺処分現場の一歩手前、写真に写っている犬たちとは紙一重だったんです。
ビリー君がレスキューされて、本当に良かった。
そしてレスキュー出来なかったワンコたち、愚かな人間のせいで本当にゴメンなさい・・・。

火曜日発売の週刊誌なので、そろそろ店頭から消えると思います。
興味のある方はお早めに・・・。
by hana-wan-wan | 2007-03-24 14:17 | お知らせ | Comments(4)
Commented by 西園寺ミドリ at 2007-03-25 18:48 x
犬達の横たわった写真が目に飛び込んできた時は「えっ?」っと思ってしまいました。
こういった写真をみるときは覚悟を持ってみるので、まさか・・・の写真に衝撃を受けましたよね。
こんな残酷なこと、私が生きている間に絶対無くそうと心に強く思いました。

いっぽ君今日手術出来ました。
4月に入っていっぽ抜糸後、私も時間も取れそうなのですが、それまでビリー君待っていてくれるかな?
Commented by Kicco at 2007-03-26 10:37 x
まだ雑誌は見ていませんが。。。直視することは非常につらいけれど、この現実を直視しなければ、この子たちに続いて持ち込まれる子達を救う事はできませんよね。安楽死という名の元、理不尽な理由で苦しんでいく子達がこんなにもいる事、こんなにも命を軽んじることは許されない事です。それも、ペットが絶対に嫌いという人ではなく、家族の一員です と昨日まで言っていた人が行うということに寒気がするような怖さを感じます。

マフィンも1月の終わりまで城南島にいた子です。今ここにいる、こんなに表情豊かな、けなげで可愛い子がCATNAPで手を差し伸べてくれなかったら、あそこで息絶えていたかと思うと、本当によかったねと何度も抱きしめていました。救えなかった命のほうが、救われる命よりずっと多いのですよね。申し訳ない気持ちでいっぱいです。猫たちはもっと悲惨な状況です。避妊、去勢の徹底と生体販売の禁止を実現させたいです。
Commented by えむこ at 2007-03-26 11:12 x
ミドリさん

処分施設の名前「ドリームボックス」にも唖然としてしまいました・・・。
「ドリームって何!?」と・・・。
合法的にペットの大量殺戮が行われているなんて、すごく恥ずかしいことだと思います。
犬猫は、人間の都合でこっち側に引き入れてしまった動物なので、
仲間として過ごすべきなのに・・・。
週間朝日があの記事を掲載したのは、英断だと思いました~。

ミドリさん、いっぽ君の手術が出来て安心しました。
いっぽ君のご看病、本当にお疲れ様です。
抜糸後お時間が出来たら、是非ビリー君に会ってあげて下さいね!
ビリー君、それまで居てくれるかな???あまりに良い子なので、お早めに!(笑)【えむこ】


Commented by えむこ at 2007-03-26 11:20 x
kiccoさん

週間朝日、捨てずにとっておきますね。今度お見せします。
写真もショッキングですが、筆者の文章も心に突き刺さります。
この方は全国のセンターで処分施設を写真に収めることをライフワークにしているそうです。

>ペットが絶対に嫌いという人ではなく、家族の一員です と昨日まで言っていた人が行うということに寒気がするような怖さを感じます。

・・・私も全く同じこと思います。
犬猫が嫌いな方は、犬猫と関わらないから逆に無関係なんですよね。
問題なのは、↑のような人たちであって・・・。
「引越しだから」「高齢だから」といい訳をしなきゃいけないのなら、
飼わない選択をすれば良いだけなのに。
こういう人たちは自分で殺処分施設のボタンを押すべきだと思います。
それでも捨てるのか、飼うのか・・・と考えて欲しいです。

手許に保護犬が居ると、こういう記事は余計に辛いんですよね(涙)。
マフィンちゃんもビリー君も、レスキューされて本当に良かった!
最悪の地獄まで行ってしまった二匹ですが、犬生大逆転ホームランを目指しましょう!【えむこ】

<< おじさん、お帰り 呼び戻しの練習! >>


記事ランキング
ブログジャンル