◆◇◆わたしの宝物◆◇◆


愛犬はな&ARCh応援日記
by hana-wan-wan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
わたしの宝物
【このブログの主な登場人物】
 ・えむこ
  犬好き暇主婦
 ・主人(=おじさん)
  激務を犬で癒す男
 ・はな
  デカプードル♀
  2002.7.16生まれ

CATNAP(現ALMA)にて家族を探すワンコの預かりスタッフをしていました。2009年4月よりアメリカ、シカゴ近郊滞在中。2013年2月1日にCATNAP千葉支部を基に
発足した動物愛護団体ARCh(アーチ) ‐アニマルレスキュー千葉‐を応援しています。

【幸せになった預かりっ子達】
06年8月~09年2月

★ももちゃん(MD♀)★
2006年8月からお預かりしたMDの女の子”ももちゃん”は10月1日に素敵な里親様の元へお嫁に行き幸せに暮らしています。

★かん太君(MD♂)★
10月に短期預かりしたMDの男の子”かん太君”も里親kiccoさんの愛息子となりました。

★コロンちゃん(柴犬♀)★
11月からお預かりした柴犬のコロンちゃんは「めろんちゃん」となり、先住柴犬のあやめちゃんと仲良く暮らしています。里親はえふさんです。

★ビリー君(パピヨン♂)★
2007年3月にお預かりしたパピヨン・ビリー君は6月24日にお婿入り、素敵なパパママ(お散歩隊・M隊員)と暮らしています。

★ミリアム(シーズーmix♀)★
8月よりお預かりしたシーズーmix・ミリアムは11月11日にお嫁入り、「みぃちゃん」となり、里親・ふりすかさんご夫妻に溺愛されています。

★ニコラ(マルチ♂)★
12月よりマルチーズのニコラ(推定3~4歳)♂をお預かり、2月17日に婿入りし、里親・さえこさんご夫妻の「一人息子」として幸せに暮らしています。

★アリシア(MD♀)★
大晦日よりお預かりしたMDのアリシア(♀、1歳)は、里親・あどぅるさんご夫妻&リタお姉ちゃんと仲良く賑やかに暮らしています。

★水香(シーズー♀)★
2008年5月よりお預かりしたシーズー・水香(♀、2~3歳)は10月17日お嫁入り、「みかちゃん」となり、パパママ、おばあちゃまに可愛がられ暮らしています。※2013年5月7日、永眠。

★周(しゅぅ、マルチmix♂)★
2008年12月よりお預かりしたしゅぅ君(♂、3~4歳)は2月16日にお婿入り、里親K子ママの「シュシュ」君となり、ご両親様にも可愛がられ幸せに暮らしています。



カテゴリ
最新のコメント
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 09:46
はなちゃんボーダーがとっ..
by ネロレオママ at 12:12
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 22:46
はなちゃん、のび太さん役..
by ネロレオママ at 00:29
ネロレオママさん 本当..
by hana-wan-wan at 14:57
はなちゃんのお写真がたく..
by ネロレオママ at 01:01
ネロレオママさん ..
by hana-wan-wan at 17:09
北海道より初コメさせて頂..
by ネロレオママ at 01:41
ゆみんさん お返事..
by hana-wan-wan at 18:55
航空祭、懐かしい〜。某ど..
by ゆみん at 17:39
以前の記事
2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

千葉県動物愛護センターの見学に行きました

7月6日金曜日、「犬たちのおかれている現状を知るために」CATNAPの代表はじめスタッフ数名と
千葉県動物愛護センターの見学へ行きました。私にとっては、初めてのセンター見学です。

私はただの犬好きのオバサンです。強い信念や特別な理念がある訳でもありません。
今回の見学だって出来れば行きたくなかったし、見たくなかった。その程度のヘナチョコです。

だから、千葉県の収容犬猫達が置かれている現状を伝えるには、頭も言葉も経験も足りません。
彼らのために、自分に出来ることがあるのかどうかも分からない。
なので、普通のオバサンがセンターで感じた”感情”を写真とともにお伝えしようと思います。

◆センターに収容された子たち
d0084963_23413648.jpg
d0084963_2342657.jpg

ここは犬舎です。5つ部屋があり、毎日一つずつ移動していきます。
最後の部屋は殺処分施設と通路で繋がっていて、翌日には窒息死、焼却処分となります。
この笑顔で笑っているラブ君も・・・ここは最終日のお部屋なので・・・、来週にはこの世に居ないでしょう。

センター初体験の私は、もっと犬達が「ここから出してー!」「ワンワン!」と騒いでいるものと思っていました。
違うんです・・・。中にはお愛想が良く、私達が傍に行くと尻尾を振って寄ってくる子も居ますが、
殆どの子は床に横たわり微動だにしません。まるで自分の運命を悟り、諦めているかのよう。

d0084963_0104098.jpg

その表情が悲しくて切なくて、涙が止まらなくなりました。
私が涙を流したって何も変わらないし、この子達のために、何も出来ない。こんな涙、流すべきじゃないんです。

でも、家族同様に大切にされている犬と、今目の前に居るこの子たち、その違いは一体何!?

この子たちの犬生は、なんでこんなことになってしまったの?と思ったら、涙が止まらなくなりました。

d0084963_01787.jpg
そして、我が家を通り過ぎていった預かりっ子たちが彼らと重なり・・・、
最終日のお部屋に居るのはビリー君、怖がりで床に張り付いているのはコロンちゃん。

そう思い始めたら、ますます涙が流れてきて・・・。でも、泣いている自分が恥ずかしく情けなかったです。
一番辛いのは、ただ淡々と「死」を待つこの子たちのはずなんだから・・・。

センターを見学して「センターに収容された犬たちは、自分の置かれている状況を理解している」、そう感じました・・・。


◆仔犬が居ました
d0084963_0331254.jpg

犬舎の各部屋にはフードとお水が置いてあります。でも、この子はまだお母さんのおっぱいが恋しい子。
お母さんでも何でも無いワンコを追いかけおっぱいを捜していました。

d0084963_0232878.jpg

この子はセンターに収容され致死処分されるために生まれてきたの?違うよね、ごめんね、ごめんね・・・。

避妊虚勢手術で避けられる悲劇もあるはずです。


◆慰霊碑
d0084963_0235498.jpg
慰霊碑で手を合わせた時、「安らかに眠って下さい」という言葉以外、掛ける言葉が見つかりませんでした。
千葉の現状が重すぎて・・・。

でも、希望の光はあります。
それはセンターの職員の方達。
なるべく「生かす」方向を探ろうとしている、お話を聞きながらそう感じました。

今は細~い命を繋ぐ糸が、いつかぶっとくなりますように・・・。
本当は、センターに収容される犬猫が居なくなって欲しいけど。


以上です。
拙い見学記を最後まで読んでくれて有難うございました。

※千葉の場合、センターに収容された犬は必ずマイクロチップ・リーダーを通すので、
  迷子にはマイクロチップが有効だそうです。
※千葉県でも登録をした個人や団体を対象に一般譲渡をしていますが、
  そうやって命を繋げる子はごく僅か。氷山の一角です。
  収容される数に譲渡の数が追いつかないのが現状で、それは仔犬も例外では無いそうです。
by hana-wan-wan | 2007-07-06 01:13 | お知らせ | Comments(22)
Commented by プリコ@みなちゃんママ at 2007-07-07 15:51 x
いつもブログを読まさせて頂いてます。(読み逃げでごめんなさい!)えむこさんのブログから痛いほど千葉県動物愛護センターの様子が伝わって、私も涙が止まりませんでした。
私はまだ何も出来ませんがいつかえむこさんのように預かりママさんになって命のリレーのお手伝いをしたいと思います。たくさんの方にこの現実を知ってもらい、センターに収容される犬猫が居なくなる日を願うばかりです。
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-07 20:32
プリコさん

はじめまして、拙ブログをいつも読んで下さり有難うございます!
カキコミもとっても嬉しいです♪
動物愛護センターの見学記も最後まで読んでくださり、有難うございました。

センターの写真はネットで見たこともあったし、ある程度覚悟もしていのですが、
実際の光景は強烈なものがありました。
「犬猫たちがかわいそう・・・」だけでは無い何かを感じ、涙が止まらなくなりました。
人間が作り出した強烈な闇の部分を垣間見たからでしょうか・・・。
センターから救出された子たち、・・・彼らは超ラッキーな氷山の一角ですが・・・
彼らがどんなに過酷な体験をしたのか、センターで実感できました・・・。

センターの見学は単純に「見に行って良かった」とは言えない経験ですが、
プリコさんが見学記を読んで下さり、一緒に何かを感じて下さり、行った甲斐があったかな?と思えました。
プリコさん、有難うございました。【えむこ】
Commented by のぶちん at 2007-07-07 23:16 x
えむこさんも見学に行かれていたんですね。
犬の保護活動に携わっている者だからこそ、この現場を見るのはつらいですね。。。
人間は何の権利があって犬たちを殺すのか。
数が多くてどうしようもないなら、あんな残酷な殺し方ではなく、せめて安楽死させてあげようというやさしさはないのか。 費用の問題なのは分かっているけど、人間には、いくら掛かろうがその費用を負担する義務があるはずなのに。
 
殺処分ゼロが現実になる日を信じて、がんばりましょう。


Commented by Kicco at 2007-07-08 00:54 x
えむこさん
実は昨晩 えむこさんがこの記事をアップされた頃、読ませていただきましたが、あまりに重い現実に言葉がでませんでした。
ここにいる子達は 何の罪もないのに、人間の身勝手さで なんと理不尽な事でしょう。
私たちは目をそむけずに、しっかりこの子たちのことを覚えていましょう。
子犬の姿は本当に見るのがつらい。。本当に何もできなくてごめんなさい。

私たちが非力ながらもできる事は、この現実を伝えて訴えていく事ですね。学校などの教育の場でも、命の教育をしてほしい。

えむこさん この記事を書く事はとてもつらい事だったことでしょう。
でも 一人でも多くの人たちに知っていただく事で 関心を寄せてくださる方が広がっていくことを願います。千葉のセンターの方が、前向きである事を伺って、少しほっとしました。埼玉も厳しい現実なんだろうと思います。
Commented by バディ at 2007-07-08 10:35 x
えむこ様始めまして。こっそりCatnapを応援しています。
本当に世間一般に、このような現実を知って欲しいと思います。
えむこさんのブログをリンクさせて下さいね。
Commented by ケイト at 2007-07-08 15:14 x
えむこさん、勇気を出して千葉のセンターの現場に行ってきて
くださり、そしてそのご報告ありがとうございました。
最初は皆、「見たくなかった」から始まるでしょうが、
でも多くの人に現状を知っていただくことで、少しでも
変わって行くと信じています。
Commented by ミドリ at 2007-07-08 23:29 x
UP有難うございます。リンクさせて頂きました
Commented by yuka at 2007-07-09 10:50 x
えむこさん、こんにちは。
センターでの光景は本当に重く感じました。
Catnapで救い出されたワンはほんの一握りと解ってはいるつもりなのですが・・・。やっぱり辛いですね・・・。
最期を家族に看取ってもらえるワンもいるというのに、生まれてまもない子犬でさえセンターにいるという現実。

私自身、保護犬の事を近年までしりませんでしたが、Catnapやむこさんのプログを読んで保護犬のことを知ることができました。

多くの方に、この過酷な現実を知っていただくのはとても大切なことだと思います。
そうやって、少しづつでもよい方向に進んでいけたらと願っています。

預りをされているえむこさんにとっては、送りだしていった子達とも重なってとても辛かったと思います。
ご報告ありがとうございました。


Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:09
のぶちんさん

読んでくださって、有難うございました。
センター見学は、私なんかが行って良かったのかなぁ・・・。
犬達に何もしてあげられないのに涙を流している自分が、偽善者に感じました・・・。

>人間は何の権利があって犬たちを殺すのか。

こんな愚かな行為が、続いて良いはずが無いんですよね。
それは分かっているんだけど、どうしたら止められるのか・・・。
私に出来ることはあるのか・・・、今は分かりません。

「安楽死」は時に有効な手段で、優しさとなる場合もありますよね。
でも、千葉の場合はまず「生ませない」ことから始めないと、どうしようも無いかも・・・。
殺されるためだけに生まれてくる仔犬たち、
そんな悲しい存在を生み出しては絶対にいけないと思います。

のぶちんさん・・・、
犬を取り巻く強烈な光と陰、甘ちゃんの私はセンター見学を通して、
人間の恐ろしさを痛感しました・・・。【えむこ】
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:23
kiccoさん

読んでくださって有難うございました。
私みたいに根性の据わってない人間が、センター見学に行ったのが正しかったのか、
きちんと犬達の置かれている状況をお伝えすることが出来るのか、いまいち自信がありません。
でも、へなちょこ は へなちょこなりにセンターで感じた感情を発信することが出来たら、
あの日犬達の前で流してしまった涙を、少しは消し去ることが出来るでしょうか・・・。
一番辛いはずの犬達の前で泣いてしまった事、すごく情けないです。

センターのシステムはとても合理的に出来ていました。
私はそのことがとても恐ろしかったです。
犬猫たちを殺すために、こんなシステマチックな施設があるのか・・・、
人間は税金でそれを生み出したのか・・・、
それを思うと空恐ろしさを感じました。【えむこ】
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:30
バディさん

はじめまして、カキコミ有難うございます!
リンクまでして下さり、有難うございます。

バディさんは外国にお住まいなんですね♪
かの国と日本(特に千葉県・・・)の犬たちの置かれている状況には、きっと大きな違いがありますよね。
千葉県では、まだまだ外飼いが主流だそうです。離し飼いも多いとか・・・。
だから、仔犬も女の子より男の子の方が人気があるそうです。
理由は・・・子供が出来ないから。
犬に対する考え方の違いには、大きな壁を感じます。

この現状を変えていくのはとても大変なことだと思いますが、
バディさんのようにブログをリンクして下さる方もおられるし(有難うございます)、
少しはセンター見学に行ったことが役に立つのかなぁ・・・。

少しずつ少しずつで良いので、現状が世に広まっていきますように。
そうであって欲しいです。【えむこ】
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:48
ケイトさん

読んでくださって、有難うございました。
これが千葉じゃ無かったら、へなちょこの私は多分行かなかったと思います・・・。
でも今回は自分の住んでいる地域だったので、足が向きました。
行って良かったのかどうか、今はまだ混乱していて、よく分かりません・・・。
犬達の前で涙を流してしまったことが、すごく情けないからです。
でもケイトさんに「有難う」と言ってもらえて、なんだか少し救われました、ケイトさん、有難う。

代表も日記に書いておられましたが、千葉のセンターでは大きな無力感を感じました。
でも、きっと、この無力感に囚われていてはいけないんですよね。
犬がどんなに豊かな感情を持っている生き物なのか、人間をどんなに慕ってくれるのか
そのことを発信し、犬の置かれている現状に目を向けてもらう・・・、
そんなことぐらいしか私には出来ないけど、でも続けることでほんの少しでも何かが変われば・・・。
「続けよう・・・」と思いつついつも挫け気味なので、お尻叩いて下さいね!【えむこ】
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:48
ミドリさん

リンク、有難うございます!【えむこ】
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 15:58
yukaさん

読んでくださって、有難うございます。

千葉の現実は本当に重たくて・・・、
「私に出来ることはあるのだろうか!?」と無力感に襲われました。

でも、yukaさんのように、犬を飼っていないのにこんなに真剣に保護犬について考えて下さる方もいる。
そのことに、すごく元気付けられます。

一方で、あまりに命について鈍感な飼い主たち・・・。
殺されるためだけにこの世に生まれてくる仔犬や仔猫たち、
そんな存在を生み出しては絶対にいけないと思います・・・。
そんな愚かで恐ろしい行為、いつか人間に還ってくると思うのです・・・。

yukaさん、私もつい最近まで犬を取り巻く現状を知らなかった人間です。
まだまだ知らないことだらけの、へなちょこボランティア一年生です。
ブログを通じてのお付き合いですが、一緒に色々なことを学んで行けたら嬉しいです♪
いつかyukaさんにお会いできた時に「今は保護犬って見かけないね~」と
お話出来る日が来るとよいですね♪

PS:ビリー君、元気ですよ!
  里親様ご夫妻と川の字で寝ているそうです♪【えむこ】
Commented by ひかる at 2007-07-09 15:59 x
はじめまして。現在譲渡手続き中のチワワ凛太郎のママです。
辛い現場に足を運んでいただいて、こうやって文章を綴っていくのはさぞかし辛い作業だったと思います。
ちっぽけな私には何ができるのかわかりませんが、少しでも出来ることを探してまずは行動してみようと思います。
小さな一歩が一筋の道になることを信じて。
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-09 18:43
ひかるさん

はじめまして、カキコミ有難うございます!
ひかるさんは凛ちゃんのママさんでしたか~♪
私、一度凛ちゃんに会ったことありますよっ!かっわいいですよね~。
その時は預かりママの瞳さんが大切にスリングに包んでいて、
まるでカンガルーの赤ちゃんみたいでした♪
凛ちゃんのこと、宜しくお願いします!

センターを見学して思ったことは・・・
凛ちゃんや我が家の預かりっ子たちも含め、CATNAPがレスキューした保護犬猫、
彼らはよくぞもう一度、人間を信じ慕ってくれたと思います。

センターは本当に特殊な空間で、特に犬舎は絶望に支配されていました。
あんな空間に居たら、心身ともに計り知れないダメージを受けると思います。
預かりっ子たちが私に振ってくれた尻尾、慕ってくれた気持ちは、
とても重いものなんだ・・・、そう思いました。

小さな一歩が一筋の道になるように、お互い何か出来ると良いですね♪【えむこ】
Commented by sugar'sママ at 2007-07-10 09:37 x
えむこさん、はじめまして。
チョビの里親のシュガママです。
ケイトさんよりえむこさんのブログを見るように・・・との事で訪問させていただきました。ビリーくんのファンでしたので、ちょくちょく遊びに来てはいたのですが・・・。
私は結婚するまで千葉市に住んでいましたし、夫も八千代市なんです。ブログを見る限りでも涙する人が多いと思われますが、現場に立ったCATNAPの代表やansakuさん、えむこさん他スタッフの方々はとてもお辛かったのではないかと思います。
どうにかならないものかと涙が溢れるばかりです。
私も勝手ながらリンクさせていただいています。
Commented by マホ at 2007-07-10 16:07 x
えむこさん、こんにちは。
以前、えむこさんとお話をした時(メールだったかな)に
えむこさんがセンターに行く事がコワイと言っていたのを覚えています。
そして私も、見ておきたい、でもコワイという感情が勝ってしまう1人です。
今回、えむこさんが行ったのを知り、えむこさん頑張ったなと思いました。
そしてレポを読ませていただいて涙が止まりませんでした。
今回、千葉で我が家からだとちょっとあるので参加できませんでしたが
これが行ける距離であれば私も現実としてこの目で見たかったです。
そして、えむこさんと同じようになっていたとは思います・・。
辛い思い、やるせない気持ち、色んな感情があると思いますが
えむこさん頑張りましたね。
救われる子が1頭でも多く増えてほしい、心からそう思います。
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-11 09:50
sugar’sママさま

はじめまして!私も時々ブログを拝読しています~♪
sugarちゃんとは残念ながら会ったことが無いのですが、お噂を耳にしています♪
美丈夫でフォトジェニックなシュガたん、お散歩ではさぞかし人目を惹いていると思います~。
男の人が苦手なシュガたんなのに、男性の多いご家族に馴染んでいるのは凄いことですよね!
ブログからもsugar’sママさんの愛情と犬に対する真摯なお気持ちを感じます。

センターの見学は・・・、sugar’sママさんが実験動物の記事で書いておられたの同じ
「しまった・・・」という気持ちでした。
根性無しの私が見学して良かったのか、犬達に失礼では無かったのか、
今でもよく分かりません。

でも、センターの独特の空気・・・、あんな絶望的な空間を税金で維持してはいけないと思います。
そして、「センターの現状を変えたい」と一番強く思っているのは、
他ならぬ職員の方達だと思います。
現状が多くの方の目に留まれば、センターに光が差すかもしれませんね・・・。【えむこ】






Commented by hana-wan-wan at 2007-07-11 10:08
マホさん

ご無沙汰しています!見学記を読んでくださって有難うございました。
マホさんのコメント、心に沁みました、有難う・・・。

センターでは、殺処分施設も間近で見学しました。
焼け焦げた匂いが漂いショッキングな光景ではありましたが、どこか無機質で・・・。
私には、犬舎に居た犬たちの、諦め漂う暗い瞳の方がずっとずっとショックでした。
この瞳、見たことある・・・と思いました。預かり直後の預かりっ子たちの瞳です。

以前お世話になったトレーナーの方に「センターは犬にとって極限の空間で、言葉は話せない彼らが「ここはヤバイ!」「早く逃げろ」とテレパシーを出し合って警告しているんですよ」と言われたことがあります。「だから、センターから出た直後の子たちは精神が不安定で当たり前」と言われました。今回ほどそのことを実感したことはありません。

大きな無力感や大きな壁を感じてしまった今回センターの見学でしたが、
預かりっ子たちの辛い過去を垣間見られたことは、良い経験になりました。
ひまたんもビリー君も他のみんなも本当に頑張ったと思います、心からそう思います。【えむこ】
Commented by ラビペン at 2007-07-11 10:24 x
どの子も騒いだりせず静かだったとのこと、「良い子にしてたら、きっとパパやママが迎えに来てくれるんだ!」と最後まで信じているからなのか、自分の運命を悟ってしまっているのか・・・
この光景を見ていると人間の根本から間違っているような気がしてなりません。
CATNAPを初め、センターからレスキューされた子たちは、みなこんな目に遭っているのだということを改めて思い知らされました。
クリ坊やピッコロのトラウマが、なかなか消えてくれないと甘く考えていたように思います。
センターに行く勇気がない私にとって、本当に貴重なレポートを読ませて頂きました。ありがとうございました。
Commented by hana-wan-wan at 2007-07-11 16:55
ラビペンさん

最後まで読んでくださって、有難うございました。

クリ坊やピッコロ君が傍にいるラビペンさんが、センターの記事をお読みになるのは、
すごくお辛いことだと思います。
私ももしビリー君がまだ傍にいたら、家に帰って泣き崩れていたと思います。

>人間の根本から間違っているような気がしてなりません

私もセンターへ行って、強くそう思いました。
可愛い犬や猫がかわいそう・・・、一頭でも助けたい・・・、その気持ちも嘘ではありませんが、
それ以上に人間の傲慢さ、恐ろしさを感じ、ずっしりと肩が重くなりました・・・。

私も保護犬たちの心象風景について、甘く考えていたかもしれません。
我が家に来てくれた預かりっ子たち、・・・みんなそれぞれ今は幸せですが・・・、
もっと彼らのダメージに敏感であるべきだったかも・・・と、思い返しています。
(ラビペンさんはそんなこと無いですよ。素敵なママさんです♪)

センターを通過した彼らの心身は、計り知れないダメージを受けている、
そのことをやっと実感出来ました。【えむこ】
<< はなは元気です♪ ビリー君、幸せ報告♪ >>


記事ランキング
ブログジャンル